タスマジックとは? 三重外壁塗装 株式会社平野塗装

図2図1

従来スレート瓦と呼ばれるカラーベスト。縁切りの必要性は十分前回のコラムでわかって頂けたと思います。今回はひび割れについて少しお時間を頂ます。カラーベストの表面は紫外線は勿論のこと、雨水が直接当たることから、未塗装で十年以内には再塗装が必要になります。そこでひび割れについてです。私が現場職人時代は、ひび割れはカラーベストを新品に差し替える方法と表面に防水用のコーキングするやり方をしておりました。表面のみシーリング、当たり前の補修方法だと思い込んでしまってました。

はっきり申し上げますと、表面をコーキングするやり方は、修繕工事ではなく、補修工事です。すなわちその場しのぎの手法になります。弊社がそこで推奨しているのが、このタスマジックになります。スレートのひび割れが生じたクラックを両面から押さえることが出来る唯一のスレート瓦補修材になります。表面のみ薄いコーキング材で補修しても、やはり紫外線には勝てません、屋根の上は70度近く高くなります。初めての屋根塗装には、こうした長い目で長持ちする、施工方法を使用したいですね。

 

三重県 屋根の葺き替え工事と外壁の塗装

平野hp

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中