親水塗料のわかりやすい説明

cropped-cropped-cropped-securedownload-751.jpg本日は共通点のある塗料をご紹介致します。お家は車の様にワックスをかけても高速で走らないため撥水ではなく親水性を重視致します。親水とは樹脂の細かい隙間を雨が流れ落ちる速度が速いことを意味しております。親水で最も多いのがラジカル制御型ハイブリッド塗料です。建物が劣化してくると酸化現象が起きます。酸化の反撥によって発生するチタンを包み込む力があるのがラジカル制御です。酸化を包み込むのでチョーキング(粉吹き)が長期間起こりにくいと言われております。このラジカルの塗料は日本ペイント/パーフェクトに含まれております。メーカー耐久性が12年くらいあるといわれております。近年では光触媒塗料が有名ですね。わかりやすくいうと、光触媒のワンランク下の位置づけでしょうか。光触媒は太陽のエネルギーを逆利用して汚れを分解して、雨が降るたび綺麗に流してくれる塗料です。光触媒塗料の癖や弱点をしっている塗装店なら任せて安心できる塗料です。最近では無機質な塗料が注目を集めています。無機とはガラスや陶器により近い耐久年数がある塗料です。塗料に無機質のセラミックを混ぜるのは塗料を強くする役割があります。パーフェクトトップや光触媒には若干の遮熱性はありますが、遮熱基準に満たしていません。無機質が10パーセント配合でラジカルの塗料はアステックペイントジャパンのリファイン1000(外壁用)リファイン500(屋根用)になります。屋根のセルフクリーン遮熱塗料はこのリファインしかありません。光触媒でも屋根用塗料は存在しません。無機シリコンの遮熱セルフクリーンのリファインシリーズはメーカー10年保証が付いております。なかなか良い塗料です。その他にもラジカル塗料は存在します。耐久年数を重視るご提案ならお任せください。

平野塗装のホームページはこちら

お問い合わせフォーム

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中