三重外壁塗装専門店 株式会社平野塗装【防水塗装】

 


防水とはいろんな施工方法があります。既存のベランダがFRPの場合ですが、メンテナンスは10年周期になります。方法は簡単です。高圧洗浄でしっかりチョーキングを洗い落とします。
この時FRP層が浮いている場合、要注意です。浮いていることに注目してください。確実に湿気や水が
廻ってしまってます。少しの浮きだからといって軽視しますと、莫大な費用に繋がります。
少しの浮きを見分けるテクニックは診断しかありません。防水だけは素人が手をだすととんでもない事になります。浮きが確実に無いと確認してから、次の工程に移れます。
電動サンダーで必ず目荒しをして、強化プライマー処理、トップコートになります。
先ほど言いました。湿気等ある場合は、工程が変わります。FRPの下地はコンパネが多いです。
そのコンパネまで浸水している場合は、FRP層からやり直しになりますので、ベランダに限らず
補修で済ませてはいけません。もしも予算の都合がつかない場合はご相談ください。
FRP防水ではない場合、塗膜防水・メッシュ・シート・アスファルト・塩ビ・ユニット式
お家やハウスメーカーによって仕様は違います。
ここでは説明できな部分も正直多々ありますが、塗装はできるだけ外注ではなく、自社職人を
オススメ致します。ベランダ防水には手すりの笠木も含めてベランダですから、
迷わず株式会社平野塗装にご連絡下さい。塗装が終わり雨漏りがしたなんてことはありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中