三重外壁塗装 株式会社平野塗装 クリアー塗装 【チョーキング現象】

securedownload (38) securedownload (39) securedownload (40) securedownload (41)

現在のサイディングのメンテナンスには、クリアー塗装が求められるケースが増えております。
その中で代表的なのはUVプロテクタークリアーシリーズです。
セラミック系です。あくまでも系です。
遮熱は大まかに二種類存在します。主材や硬化剤に遮熱成分が入っているもの、もう一つは、
セラミックのものです。
主材に入っているセラミック系は、必ずチョーキングします。そして遮熱効果なども低下します。
よってシーリングなどは、化粧打ち(最終)になります。※色が変わりますので注意が必要です。

何故なら簡単です。柔らかい上に硬いものを塗ると割れてしまうからです。
もう一つ4Fフッ素の弾性です。硬いもの柔らかくしている為に不安です。
まして実績が浅すぎます。

フッ素の光沢は塗り替えをした直後は非常に綺麗ですが、南面や西面の紫外線に当たる部分が最初に退色します。退色した場合外壁の劣化と勘違いしてしまいます。光ってる部分は撥水しますが、艶が引いてしまうと雨の筋が目立つようになります。フッ素は汚れが付きやすいという意味もここからきているのではないでしょうか。

近年塗り替えでは、3部艶や艶消しが主流です。

今の新築には艶がない物が多いためだと言われております。

テカテカは嫌いっていう方もいらっしゃいます。

フッ素は3部艶は可能ですが、3部艶は樋などの仕上げには不向きです。

フッ素系にはウレタンシーリングは不向きですので、ご注意ください。
何が適しているのか?ありますよ!!
4F以上の耐久性があり
お値段も変わらない・・・・・・

答えは平野が現地でご説明致します。
クリアーのチョーキング検査には4等級試験を
実施します。クリアーが無理ですと言われた方は、
ぜひ私どもにお任せください。securedownload (44)

http://www.hirano-tosou.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中